自分の知識から何ができるのか?

自分の地元をなんとかしたいと思ってはいるけど、何ができるのでだろうか?と思っているか方も多いと思います。
また、どうにかしなきゃという気持ちはあるけど、何も協力ができないという方も多いはずです。

 

もちろん、自分もその一人であり、偉そうなことはできないのですが、これからどうにか行動していきたいと思っています。

 

自分のマーケティングの知識で何かできないかな〜ということでちょっと書いていきたいと思います。

 

 

どうやって注目を得るか

まず、人に集まってもらうために商品が必要です。
商品という言い方もなんですけど、人の目を引くそこだけにしかないオンリーワンが必要です。
オンリーワンと言っても、これを作るのが結構大変なんです。

 

ご当地品や、名産品がある地域であればいいのですが、そう都合よくあるわけでないのが現実です。
また、お祭りなど行事で集客をするという方法もあります。

 

しかし、これも都合よくあればいいですが、シャッター街と化した商店街で、規模のある祭りを開けるわけでもありません。

 

また地元の企業の製品を使うというのも一つの手かもしれません。
まずは、目玉商品を作る必要があります。

 

何をやるにも人が必要な現実…

まず目玉商品を作るのは第一として、その商品を大量生産するほか、宣伝をしなければいけません。
そのためには、数多くの人が必要になります。
何をやるにもまずは人を集める必要があります。
協力してくれる人がいて、初めて行動が、形になっていくと思います。
過去に、地元では、大きな祭りがありました。
しかし、商店街や人離れによって、祭り自体はなくなってしまいました。

 

それから、十年後、私の先輩たちがボランティアで集まって地元の祭りを開催しました。
これは、一つの成功例ですが、やはり同じ気持ちを持った人がグループとして集まることでこのようなことができました。

 

これが、まずスタートラインです。

 

まだまだ続きますw